ひるおび 八代弁護士 謝罪ではない「閣議決定が」の言い訳 視聴者激怒

ひるおび 八代弁護士 謝罪 NEWS

共産党にデマ発言で視聴者激怒!

ひるおび 八代弁護士 謝罪 いつ ? 共産党にデマ発言で視聴者激怒!金曜日に放送されたTBSのバラエティー番組「ひるおび」での八代弁護士の共産党は暴力革命を要領でというデマ発言。素人でも「要領じゃなく綱領だろ」、「綱領のどこに書いてあるんだ?」と突っ込む話が昼間の全国ネット番組で流されてしまいました。

TBSはあっさりとデマである旨を謝罪しましたが。有権者の注目はデマ発言後一発目の13日の放送の発言主がどう謝罪するのかという点。発言主もですが、横にいたMCの恵俊彰と政治評論家の田崎史郎氏が何を語るのかも注目です。




ひるおび 八代弁護士 謝罪 いつ ?

気になるのが「ひるおび」で八代弁護士が何時頃に謝罪するのかという点。先週の金曜日の放送では田崎史郎が横にいたということから12時過ぎに公党の信用を落とす為に発せられたデマは電波で流されたと思われます。「ひるおび」は10時25分からTBS系列で放送されてる全国ネット番組とはいえ、12時からの2時間しか放送されてない地域もあることでしょう。この点を踏まえれば、午前中の冒頭で謝罪し、更に午後の冒頭でも謝罪というのが筋です。更にいえば、金曜日しか「ひるおび」を見ないという人もいるでしょうから、金曜日にも月曜日と同じ時間に謝罪、訂正、釈明というのが筋です。

放送後のネット民と共産党の抗議でTBSは表向きは謝罪したそうですが。今日以降の放送で何に対しての謝罪なのかも明らかになるでしょう。その内容によっては新たな批判が番組に及ぶのは確実です。番組での事実と異なる発言が非難を受けるのは当然ですが。それ以上に酷いなと思うのは、横に政治評論家がいたにもかかわらず番組内での訂正、謝罪が当日の放送中に無かったことです。政治評論家は勿論、プロデューサー、ディレクターは彼の発言を何も問題無しと捉えていたとなれば、番組そのものへの信用、信頼も失墜する事件です。

番組開始から謝罪は無く、ようやく13時前。河野太郎を招いての自民党プロパガンダショーの後に江藤アナの先週の放送についての説明の後に八代弁護士がたったの20秒程度喋ってました。本人曰く、「先週の私の発言についてですが、私の認識は閣議決定された政府関係に基づいたものでした。一方で、日本共産党はそれを度々否定していることも併せて申し上げるべきでした。申し訳ありませんでした」云々と言ってましたが。全然謝罪してませんね。言い訳でした。時間の無駄でしたね。これを機に「ひるおび」をボイコットする視聴者も増えることでしょう。




かつてえ筑紫哲也はNews23の中で「TBSは死んだ」と発言しましたが。果たして、今のTBSはどうなのか。オリパラ一色の報道が嘘のように自民党総裁選一色の報道になり、番組には自民党の政治家が生出演。この流れの中での共産党への事実と異なるデマ攻撃。TBSはかつては「報道のTBS」と呼ばれてましたが。今はといえば「ワイドショーのTBS」といったほうがいいぐらいに夕方まで似たような番組が続きます。

視聴者にできることは番組に抗議のメールを送ることも結構ですが。一番簡単な方法はテレビを消すこと。視聴率を落とせば番組は終了、打ち切りとなります。立川志らくがやってた朝のワイドショーが良い例。今日の放送は通常より視聴率が良くなる可能性が大ですが。どうせネットニュースで報道されるのですから、わざわざ視聴率を上げることに協力することもないのではと思うので自分は見ません。




共産党というより野党支持者は「ひるおび」に限らず、他のワイドショーでも総裁選絡みの報道が始まったらテレビを消しましょう。見続けてきたツケが「吉村さん頑張ってはる」、「小池知事さすが!」という実態とは正反対を報道するというワイドショー政治を作り続ける「今」のテレビの現状です。

角松敏生 WOWOW ライブ キャラメルボックスの岡内美喜子ファンも必見

タイトルとURLをコピーしました