吉川美代子 ミヤネ屋 「共産党はパフォーマンス」発言 無知と炎上

吉川美代子 ミヤネ屋 TV

吉川美代子 ミヤネ屋 で何が?

吉川美代子 ミヤネ屋 での「共産党はパフォーマンス」という発言に対しネット上では無知だと炎上しています。「モーニングショー」や「ひるおび」といった各情報番組が「政治の力」により統一教会の話題から逃げてる一方で何故か孤軍奮闘状態の「ミヤネ屋」。安倍色、政権擁護色の強い番組故に見なかった人も統一教会と政治の話題をやっているからと見ている人も多いはず。

吉川美代子 ミヤネ屋 で何が?

7月22日放送の日本テレビで放送の「ミヤネ屋」でコメンテーターの吉川美代子。「共産党などが、今まで何も言わないで急に統一教会について取り上げるのはパフォーマンスぽい」と発言した模様。録画はしてるけど。自分はまだ見ていないのですが。この吉川美代子の発言は完全に誤ってます。次週の番組で訂正及び、共産党と視聴者に謝罪するレベルの話であります。

21日に共産党は「旧統一協会問題追及チーム」というのを立ち上げました。故に、多くのテレビは立憲の追及チームと一緒に共産党のチームの立ち上げを報道。一般人がこれだけを見て共産及び立憲を「パフォーマンス」と思うのは個々の自由。しかし、吉川美代子は長年TBSというマスメディア、報道機関でアナウンサーという職業に。彼女が「急に統一教会について取り上げるのはパフォーマンス」と発言するのは如何なものかです。




テレビ局は追及していたのか?

吉川美代子がTBSを定年退職したのはWikipediaによれば2014年5月。丁度、安倍政権がマスコミのプッシュもあって支持率が高かった頃でしょう。吉川美代子及びTBSは統一教会と自民党の関係を取材して報道してたのでしょうか。

有田芳生さんの言葉を借りれば「空白の30年」。これは合同結婚式から山上徹也容疑者による安倍晋三暗殺までの30年のこと。30年もマスメディアが統一教会問題を報道してこなかったことを意味しますが。




新聞社やテレビ局が安倍政権の時に連日統一教会と政治を伝えてたら。恐らく、安倍政権は短命に終わり、政権交代も起きていたかもしれません。安倍晋三自身も山上徹也容疑者に殺害されることもなかったかもしれません。

自分らメディアの怠慢を反省もせずに共産党や野党を「パフォーマンス」と批判の吉川美代子。視聴者からすれば、時事問題に当たり障りのない適当なコメントし、好感度を得ようとしているワイドショーのコメンテーターにこそ「パフォーマンスにしか見えませんよ」と言いたいのは言うまでもありません。

共産党の統一教会追及はパフォーマンスなのか?

最後に吉川美代子を始め、共産党が統一教会の問題を突然にパフォーマンスの為に騒ぎ出したと勘違いしている人の為に幾つかの実例を挙げて紹介します。

言わずと知れた共産党の機関紙の「しんぶん赤旗」。古くから統一教会や霊感商法の問題始め取り上げております。少なくともTBSよりは遥かに多くの記事を投稿していました。




2002年6月30日の記事

吉川美代子がTBSに在職当時の2002年の記事です。安倍晋三が統一教会に祝電を送っていた件。TBSを始めテレビで報道されたことが無かったので多くの人には知られてませんが。

統一協会への祝電 安倍官房長官・保岡元法相に抗議 被害者家族ら “違法行為を助長”

2020年9月25日の記事

菅政権での官房長官だった加藤勝信衆院議員に関する記事。これもテレビで報道されたことは多分無かったと思います。

旧統一協会系団体に会費 加藤官房長官 14年・16年に 反社会的活動との関係 説明責任

共産党「旧統一協会問題追及チーム」立ち上げに「協会は誤字」とツッコミ殺到…なぜ「協会」なのか党本部に聞いた

生稲晃子 当選 国会議員としての資質、勉強が圧倒的に足りないのに?

タイトルとURLをコピーしました