NHK 閉会式 手話通訳 排除でEテレでも放送?多様性と調和無き公共放送

NHK 閉会式 手話通訳 NEWS

多様性と調和無き公共放送

NHK 閉会式 手話通訳 排除でEテレでも放送?先々週に幕を開けたオリンピックもようやく終了に。中止派の叫びも届かず、新規感染者数が連日4000人超のコロナ禍の東京でオリンピックを強行した小池百合子、菅義偉の戦犯2名がIOCから「最高勲章」の表彰を受けたというふざけたニュースが到着。そんな中、今夜ある閉会式のNHKの生中継に関して騒動が。

総合とEテレで五輪の閉会式がWで生中継という前代未聞の出来事は開会式での手話通訳が無いことからNHKに全日本ろうあ連盟などの団体が要請したことが実ってのことのようですが。どうして「総合」のチャンネルで手話通訳を付けることを「公共放送」のNHKは拒んだのでしょうか。




NHK 閉会式 手話通訳 排除に怒りの声も

5日未明にNHKはEテレで手話通訳付きの開会式を「手話で楽しむ!みんなの東京2020オリンピック開会式」という60分のダイジェストで放送したようですが。そんな時間に起きてまで終わった開会式を見ていた人はいたのでしょうか。開会式で手話通訳をつければいいだけのこと。NHKは『手話通訳で映像の一部が隠れてしまい、それを好まない視聴者がいることから総合的に判断した』と開会式に手話通訳が無かったことへの言い訳にもならない言い訳をしていますが。そういう愚行は「公共放送」でやってはいけません。

隣の国の韓国では、通常のニュース番組でも手話通訳の画面が右下に出ています。片やNHKはというとニュース7、ニュースウォッチ9といった看板番組で手話通訳があるわけでもなく。20時45分からEテレでやってる15分の「手話ニュース」のみ。オルタナの記事「五輪開会式で手話通訳が放映されなかった件」では「多くの方が視聴する総合テレビでは手話通訳が放映されない。結果として、2つの中継に分かれ、手話が必要な人だけEテレを観るという分離・排除が起こる。」という専門家の声が紹介されています。




何かにつけて「公共放送」という言葉を盾にして自分らを正当化するNHKですが。広島の式典で菅義偉が原稿を読み飛ばしたニュースも全国ネットの夜の2つのニュースではいずれも触れていません。議員会館の公明党議員の事務所ににガサ入れが入ったニュースも。主要ニュースは政権擁護のスタンス。五輪については反対派、中止派がいるにもかかわらず開催ありきに偏った2週間の番組編成、そして五輪開会式での手話通訳排除。本当にいい加減にして欲しいです。

議員会館 公明党 議員事務所にガサ入れもワイドショーが完全無視

報道特集 弁当廃棄 ポケットに手で記者会見の五輪組織委に怒りの声

タイトルとURLをコピーしました